ワカイ ガンタッカーG07 G070000 ラピッドのステープル使えます♪ 本体のみ ※ステープルは別売 相続税

相続した無道路地について通達評価によらず不動産鑑定評価によるべき特別の事情が認められた事例(平成29年6月15日大阪地裁判決)

本件は、原告ら(相続人ら)が被相続人(平成21年12月某日相続開始)から相続により取得した複数の不動産の相続税申告における評価額について、原告ら主張の不動産鑑定評価額と被告(国・税務書)主張の通達評価額が争われた事例です(平成29年6月15日大阪地裁判決 TAINS:Z267-13024)。

もっと読む
シースルー生地で仕立てたふんわりボリュームシュシュ。さっとつけるだけで大人可愛いヘアスタイルに◎ シュシュ《オーガンジーボリュームシュシュ 全7色》 レディース 小物 雑貨 ヘアアクセサリー ヘアゴム シュシュ ボリューム オーガンジー シースルー シアー チュール 透け感 大きめ 大きい シンプル 無地 ニュアンスカラー 大人可愛い フェミニン メール便可//3// 所得税

マンション住戸の購入価額のうち、建物と建物附属設備の取得価額の区分が争点となった事例(平成12年7月3日非公開裁決)

本件は、不動産賃貸業を営む会社員(請求人)が不動産貸付の業務用に取得した複数の新築及び中古マンション住戸(本件物件)の購入価額について、土地と建物(建物本体+建物附属設備)の区分、及び、建物本体と建物附属設備の区分が争点となった事例です(平成12年7月3日非公開裁決TAINS:F0-1-011)。

もっと読む
鮮やかな大輪の花を咲かせる ニホンフヨウ(日本芙蓉) 7号苗 ピンク(i08) 相続税 贈与税

相続により借地権が混同で消滅した場合の貸宅地の相続税評価額/大阪国税局資産評価官「資産課税関係 誤りやすい事例3-2(財産評価関係 令和2年)」(TAINS)

相続税の土地評価で誤りやすい事例として「相続により借地権が混同で消滅した場合の貸宅地の評価」についてご紹介します。

この事例自体は、大阪国税局資産評価官「資産課税関係 誤りやすい事例3-2(財産評価関係 令和2年)」(TAINS)から抜粋したものになります。

もっと読む
最高に心地よい響き 空間の洗浄と心身のリラクゼーションに効果的 クリスタルチューナー(日本製) 天然水晶 ポイント水晶 ポーチセット パワーストーン タロットカード オラクルカード 浄化 ヒーリング 瞑想 株価評価 相続税 贈与税

犬の服 冬服 ベスト 犬服 ブランド 小型犬 防寒 犬服 ブランド かわいい 小型犬 防寒 PETFiND 犬 服 冬服 シンプルキルティングベスト 5カラー 5サイズ ボタンタイプ キルティング ベスト 秋冬

相続税の取引相場のない株式の純資産価額の評価で誤りやすい事例として「たな卸資産である土地の評価」についてご紹介します。

この事例自体は、大阪国税局資産評価官「資産課税関係 誤りやすい事例17-2(財産評価関係 令和2年)」(TAINS)から抜粋したものになります。

もっと読む
宅配便は3980円以上ご購入で送料630円~>>詳しくはこちら北海道/九州/沖縄への生体の発送不可 プレココーポレーション GLASIA BA-600 相続税 贈与税

無償返還届出書が提出されている貸宅地の相続税評価額/大阪国税局資産評価官「資産課税関係 誤りやすい事例3-4(財産評価関係 令和2年)」(TAINS)

相続税の土地評価で誤りやすい事例として「無償返還届出書が提出されている貸宅地」についてご紹介します。

この事例自体は、大阪国税局資産評価官「資産課税関係 誤りやすい事例3-4(財産評価関係 令和2年)」(TAINS)から抜粋したものになります。

もっと読む
日本製 ベビー 肌着 ロンパース ボディスーツ(70cm)半袖 前開き ミニオール スマイルコットン 綿100% 男の子 女の子 赤ちゃんの城 無地 接結 相続税 贈与税

【3980円以上で送料無料】 【中古】桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻!ソフト:Wiiソフト/テーブル・ゲーム

相続税の土地評価で誤りやすい事例として「市街化調整区域内の宅地に対する評価通達20-2(地積規模の大きな宅地の評価)の適用可否」についてご紹介します。

この事例自体は、大阪国税局資産評価官「資産課税関係 誤りやすい事例5-2(財産評価関係 令和2年)」(TAINS)から抜粋したものになります。

もっと読む
五嶋みどり(vn) / ベストクラシック100 40: チャイコフスキー: ヴァイオリン協奏曲 他 [CD] 相続税 贈与税

隣接地を所有する相続人が取得した宅地の評価単位 /大阪国税局資産評価官「資産課税関係 誤りやすい事例1-3(財産評価関係 令和2年)」(TAINS)

相続税の土地評価における評価単位で誤りやすい事例として「隣接地を所有する相続人が取得した宅地の評価単位」についてご紹介します。

この事例自体は、大阪国税局資産評価官「資産課税関係 誤りやすい事例1-3(財産評価関係 令和2年)」(TAINS)から抜粋したものになります。

もっと読む
【送料無料】 親子で学ぶ科学図鑑 基礎からわかるビジュアルガイド / キャロル・ヴォーダマン 【本】 所得税

無償返還届出書が提出されている底地を借地人である同族会社に譲渡する場合の時価は?(平成29年6月27日非公開裁決)

本件は、地主(個人)が借地人(地主が株主の法人)に無償返還届出書が提出されている底地を売却した場合におけるみなし譲渡(所法59①二)判定の時価が争われた事例です(平成29年6月27日非公開裁決 TAINS:F0-1-774)。

もっと読む
ご挨拶 お祭りの屋台で見かけるベビーカステラ(一口カステラ)です。昔ながらの製法により、職人が丁寧に作った懐かしい味のカステラです。 加島の玉子焼(カステラ)1パック 相続税

セミナーのお知らせ/相続税/不動産評価

セミナーテーマ:【裁判例・裁決例で学ぶ!!】“相続税申告”にあたり税理士が知っておきたい「鑑定評価」と「税務評価」の異同点シリーズ 地積規模の大きな宅地の鑑定評価(開発法を中心に)と税務評価の異同点

もっと読む
NL・プロテクター 相続税

一筆の土地に土地所有者(底地権者)、宅地開発業者(借地権者)及び複数の建物所有者(転借権者)が存在する複雑な権利関係を有する土地の評価額が争われた事例(平成21年10月28日那覇地裁判決/一部認容/確定)

本件は、原告ら(相続人ら)が被相続人(平成13年3月13日相続開始)から相続により取得した本件土地1~6の相続税申告における評価額について、原告ら主張の鑑定評価額と被告(国・税務書)主張の鑑定評価額及び通達評価額が争われた事例です(平成21年10月28日那覇地裁判決 TAINS:Z259-11301)。

もっと読む